Addicted to …

先週の飲み会の失態から、

1週間、禁酒をしました。

 

となると、夜が暇になったので

カフェに行ったり、本を読んだり、ノートに色々書いてみたりして過ごしました。

 

誰かを誘ったりする気も起きなかったので、

ひたすら自分1人の時間を過ごしてるうちに。

 

自分1人でも楽しく過ごすことを怠けて、

人に楽しませてもらおうとしてたことに

気付きました。

 

 

周りの人にすっごく依存してたんだなー

 

 

そして、自分のことを自分でするっていう、

当たり前のことを

ずっとしてなかったなーと

 

自分のこと、どうしたら楽しませてられるかな?って試行錯誤しながら、

1週間やってみました。

 

やったことは

 

・カフェに行く

・本を読む

・好きな人のブログを読む

・日記をつける

・想像する

・歌う

・すごく丁寧にメイクする

・長風呂

・美容に時間をかける

・ストレッチをする

 

こんなことをやりました。

 

 

なんだかじわっと満たされました。

 

でも自分を楽しませるレパートリーが少なくて、もっと増やしたいな。

 

 

誰かといる時、

特に好きな男といるときってさ、

刺激なんだよね。

 

その刺激で、激しく満たされた感じになるんだけど、

離れると枯渇するのね。

 

冷たくなった身体を、

きちんとじわっとゆっくり温めるんじゃなくてさ、

熱ーいお湯にワッと浸けた感じ。

 

だから、

うわっと熱くなるし、そのことしか考えられなくて、

なんだかあったまった気がするんだけど、

離れるとすぐ冷たくなってゆく。

 

このさ、

「じわっと満たされる」って、

ゆっくりだし、まどろっこしいし、じれったいんだけど、

 

たぶんちゃんと芯からあっためる方法なんだろうね。

 

だからね、じれったいんだけど、頑張る。

今これ、出来るようになんないと、絶対ダメなタイミングだって思う。

 

刺激物の中毒みたいになってるから、

またすぐ刺激物求めちゃうし、

ちょっと刺激が来ると、くせですぐ「もっともっと」ってしそうになるけど、

 

中毒から抜けるのだって、

一歩ずつだ。

 

 

だって、

じわっとあっためた後の私は、

とにかく勝手にご機嫌で、勝手に楽しいんだもの。

 

ご自愛ってこーゆうことかなって。

勝手に幸せでいるって、こういうことなのかなって、

ちょっと分かってきたかも。

 

 

自分で自分を楽しませられる自信がつくとね、

バイバイも前ほど辛くなくて、

 

うん、いい感じだぞ

 

 

この調子で今週もがんばろ。

自分の選択に責任を持たないとこうなる

先週末は

会社の仲良い方々と飲み会でした。

 

散々酔っ払った私は

やらかしてしまいました…

 

記憶も全くないので人づてですが、

怒って、泣いて、

 

不毛な関係になっている男性と喧嘩して、

 

大変だったらしいです。

 

 

この間のブログで、

良い状態に向かってるなんて思ってたのに、

 

溜まっていたものが爆発してしまった様です。

 

 

自分との向き合い不足を痛感しました。

 

 

本当は嫌だとか

本当は寂しいとか

不安だとか

 

私ってあなたにとってなんなの?!

 

とか

 

言えないでいること

聞けずにいることが

 

心の中でたまりにたまって、

 

酔いに任せて爆発。

 

 

まさかそれを会社の人の前でやってしまうなんて、それが一番恥ずかしいです…

 

 

引き金はね、

あったんですよ。

 

今、不毛になってる男性とは

 

3ヶ月前からずっとアプローチされていて、

 

でも当時他の人が好きだった私は

拒みながらも

 

本当は「素敵だな」と思っていた彼からのアプローチが嬉しくて、

 

少しずつ心開いていました。

 

当時好きだった人、というのも既婚者でしたので、

忘れる良いきっかけにもなりましたが。

 

 

でも、このアプローチしてきた彼、

彼女がいたんですね。

みんな知ってることで、結婚も視野に入れてるということは周知の事実だったんですが。

 

だからこそ、そっちを綺麗にさせてから、

アプローチしてきて欲しい

私はもう二番手は嫌だから。

 

こればかり、繰り返し伝えていました。

 

結局、彼は1ヶ月後に

「私を幸せにできない」と告げてきました。

 

 

なんだかあまりに早い決断と、

幸せにするとかしないとかってゆーのも、突拍子なく感じて、

 

この1ヶ月なんだったんだろ…

と虚しい気持ちになり、

彼を避けるようになりました。

 

 

私は少しずつ好きになってたんだけどな…

あーあ

 

と、虚しい、寂しい気持ちを

一人で抱えていたら、

また、彼からの猛連絡が始まりました。

 

 

3日、無視をしていたのですが、

もうこのまま無視していても仕方ない。毎日職場で顔合わせるしな、

と思い、電話に出ました。

 

 

そこから、今すぐ会いたいとなり、

彼の弁解を聞くことに。

 

 

私にとって、

なんの意味もない彼の弁解を、聞いても虚しくなるだけ、思いながら耳だけ傾けていました。

 

「言い方も、言うタイミングも最悪だった」

「好きなのは本当だった」

「私と会わなくなって、毎日楽しかったのは私のおかげだったんだと気付いた」

とか、そんな様なことを繰り返していたと思います。

 

 

聞いてるこっちも面倒になり、

「もうその話いいかな。弁解聞いても仕方ないし。それよりお腹すいたからご馳走してよ」

と遮り、

険悪なムードは終了にしました。

 

 

そこから、ぶっちゃけ話になり、

どれだけ好きだったとか、

向こうは10分咲きで好きだったけど、

こっちはまだ蕾だったとか。

 

決断すんの早すぎるだろ、

せめて3ヶ月くらい時間かかると思ってた。

 

とか、

 

色々、すれ違いを確認しながら、

前より気を遣わずに飲むことができて、

 

結局、

元どおりの関係になってしまいました。

 

 

意志の弱い自分…

いや、

たしかに、前は拒んでるくせに、拒み切れず流された。

 

でも今回は、

流されることを選んだ、という感じでしょうか。

 

 

あれ?私こんなにショックってことは、結構好きだったのかな?

 

という気持ちになり、

 

彼に「私をふったこと撤回してくれたら、また前の関係になってもいい」と告げて、

 

今では9分咲きで好きだと伝えてある。

 

そんな感じです。

 

 

まぁそんな不毛な彼に対して、

溜まりに溜まった不満を

会社の人もいる飲み会で爆発。

 

 

最っっっっ悪ですね。

 

なんだこれ、なにこの一人相撲。

 

わーーーー

文章にすると、やばさが際立つ。

 

自業自得感がすごい!!!!

 

ちょっと、今晩は反省会です。。。

ちゃんと、どっぷり、後悔して反省する必要がある。

 

秋分は後半戦の始まりです

昨日は牡羊座満月でしたね。

 

いつも、新月と満月には

お願い事や、感謝、手放したいことなどを書いています。

 

3年くらい続けているのですが、

最近は、

新月付近・満月付近は体調を崩したり、

何か大きな出来事があったりします。

 

お願い事は、叶ってるものもあれば、叶ってないものもあったり、どうでも良くなってるものもあったり。

叶わなくて良かったものもあったり 笑

 

 

昨日は、帰り道テクテク歩いていたら

色んな不安や焦りが自然とリリースされていった不思議な体験をしました。

 

私はずっと、

父親に愛されなかったという記憶を握りしめて、

これまでの恋愛でも「上手くいかなかった」という思い込みを握りしめ、

 

男性から選ばれること。

 

結婚に繋がること。

 

目に見えた形であること。

 

に、執着して来ました。

 

 

でもある時、ふとこんな曲が耳に入ってきて、

思わず手を止めて聞き入ってしまいました。

 

 

「曖昧な君の記憶

 

間違い無いのはただ一つ

 

愛されたこと」

 

 

スーっと心の中に入ってきて、

「そうだ」と思いました。

 

後から調べると

AAAのtomorrowという曲。

 

ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」の

主題歌になっていたそうですね。

 

 

西島隆弘さんの、

ものすごく透き通った美しい声と相まって、

浄化されたような気持ちにさえなりました。

 

 

そこから私は自分への問いが止まらなくて。

 

愛されなかった  ←本当に?

 

大事にされなかった ←本当に?

 

結婚できなかったら落第 ←本当に?

 

って、

一個一個詰めてくと、

 

いや、私はあの時間違いなく愛されてた!

とか、

◯◯さんとは今は男女関係ではないけど、愛されて幸せな時間を過ごした!感謝しかない!

 

とか。

 

どんどん、プラスの記憶が出てきて。

 

あー私、ちゃんと愛されてるじゃん。

ここにあるじゃん。

 

って、思ったら涙が流れてきたのです。

 

 

これまでも、この手の問いかけはやってきましたが、

それでも自分がまだまだ「握りしめていたい時」や、

まだ「悲劇のヒロインでいたいとき」は、

このようにすんなりいかないですよね。

 

人それぞれにタイミングがあって、

遅くても早くても良いわけではなく、

ベストタイミングがある。

 

私はそれが今だった様です。

 

そう思ったら、

今不毛な関係になりつつある恋愛とか

失恋の痛みとか

父親との確執とか

 

少しどうでも良くなって

 

それより自分に集中しよ

ってことが、出来たような気がします。

 

 

思考が全然止まらないタイプで、

いつまでもいろんなことを考えるのですが、

良いことも悪いことも

浮かべては一喜一憂。

 

でも、そこの責任は自分にあって、

ちゃんと選択しないといけないのですよね。

 

考えても仕方ない憶測で不安を作り上げ、

いつもブルーでいるところに、

そりゃ幸せはやってこないですし、

 

やってきたとしても、きっと紛い物。

 

 

私はもっと自らの思考に責任をもって、

ちゃんと軌道修正する。

 

楽しく過ごすのも自分だし、

笑うのも自分。

 

誰かにしてもらうのはやめよう。

 

そんな時、出会った人が

ソウルメイトなんじゃないかなって

思ったんです。

 

 

だから、

一旦、

今大好きな人への執着みたいなものはリリース。

 

勇気を出して、

私は私で笑う道を選ぶ。

 

その先が交差していたらいいな、

くらいの重さが、なんだか楽です。

 

 

経過や結果は、

実験のつもりで、

ここに記していきますね。

 

このままじゃ嫌だから

良くないと分かっていても

いつも連絡が来るのを今か今かと待ってしまうし、

嫌われたかどうか心配になる。

 

頭では

嫌われてるわけないって、連絡だってまだ寝てるだけだって

分かっていても

無意識にLINEの表示を追ってしまう。

 

ずっと未読だとどうだとか

既読だとどうだとか

冷静な私は、どっちでもいいことだって分かっているけど

本当はずっと引っかかってる。

 

会っている間も

うまくやれているか

どうしたらもっと一緒にいてもらえるか

考えて行動して、

バイバイしたあとは、反芻して、

こう言ったらこんな反応だった、こう言ったらバイバイが早かった、等と

たぶん正解もしてない分析を繰り返す。

 

「選ばれること」

「きちんと愛されること」

に拘りすぎて、

選ばれないと、自分が悪かったと思う。

 

こうだから愛されてる、大丈夫って

信じられるものにしがみ付いて

それが失くなることを異常に恐れる。

 

自己肯定感が低くて、

いつも何かしてないと「好かれる自分」ではないと

落ち着かない。

 

必要以上に尽くしたり

干渉したり

嫌われない様に干渉しなかったり

相手が喜びそうな言葉ばかりかけたり

 

でもそんな女は都合の良い女扱いされるから

もっと自由にわがまま言った方がいいって

どこからか聞いてきた知識で

 

付け焼き刃でわがまま言ってみたり

自己主張してみたり。

 

でもそのわがままだって

すごい気を使ってタイミング計ったり

相手が叶えられるレベルのわがまま言ったりして

 

でも私の元々の気性がわがまま自分勝手なので、

やけになってみたり

酒に酔った時だけ本音が言えたり。

 

 

なんだこれ

 

 

楽しいんかこれ

 

 

それでもLINEが来たときは心が躍って

会えることになったらやっと気持ちが上がって

 

なんだこれ

 

彼がいないとダメなヤツじゃんかこれじゃ

 

 

でもな、自己肯定感が低くて

オートマでこれやっちゃうんだよ

 

愛してください、お願いします

って。

 

 

別に営業成績1位じゃなくなってそこに存在してていいし

別に同期の誰よりも出世が早くなくたってそこで働いていていいし

結婚してなくなっておかしくないし

子供がいなくなって非国民じゃないし

親を嫌いでも未熟者ではないし

誰かに愛されていなければ価値がない私じゃない

 

 

って、頭では分かってるのに。

 

何から変えられるかな。

 

何から、私は習慣を変えられるかな。

 

 

毎度毎度同じ様な恋愛を繰り返すのは嫌だ。

 

もう人を羨んで、私には無理って思うのは嫌だ。

 

自分のこと、価値があるとかないとか、変動するのは嫌だ。

株価かよ!

 

どんな時でも、どんな私でも、生きていい私。

 

親孝行できてなくたって、自慢できる程稼いでなくなって、彼氏がいなくたって、

やりたい仕事してなくたって、

どうしたら自信を持って生きられるのかな。

 

どうしたらそんなみんなみたいに自分を大事にして生きられるの。

どれだけ自分のこと好きなの。

 

あの家庭環境で育ったからこそ

そして成人してもずっと苦しんで気付けずにいたこと

ずっと繰り返してしまった失敗があったからこそ

気付いてからだって全然上手に出来なかったこと

そして今だって、みんなが憧れる状態なんかじゃなくたって、諦めずに生きてること

 

だから出来る事ってなんだろう

 

みんなの役に立つことって何なんだろう

 

 

あなたがいて良かったって

 

生まれてきて良かったって

 

思われる、思える環境を

自分で作りたい。

 

欲しくて欲しくて、私には自然には与えられなかった環境を

自分で作れるんだって証明してみたい。

 

まずは自分が変わらないと。

 

いつも付き合う男に左右されて

自分を見失うのから

辞めてみよう

 

・LINEをむやみに待たない

・自分の都合を優先する

・きちんと断る

・何かしてあげたいと思った時に、「本当にしたい」のか「気に入られたいから」なのか見極める

・彼と一緒にいない時間も楽しく充実させる

 

これを9月末までやります。

頑張れ自分!あー怖いっ

取捨選択がドライだなんてとんでもない

私が誰かにある提案をしたとしてですね。

 

小さなことでいいんですよ。

「今から会おうよ!」とか「今からラム肉食べに行こうよ!」

みたいなね。

 

その時にね、

「行きたいけど無理」みたいな言い方が気になる時があるんです。

 

常には気にならないですけど、引っかかる時がありまして。

それってどんな時かっていうと、

「それ、無理なんじゃなくて、自分で行かないって選択してるんでしょ?周りのせいにすんなよ」って感じるような時。

 

「行かない」「行きたくない」ってストレートに断ると角が立つから

遠回しに「行きたいけど状況が許さないんですよ〜」みたいなニュアンスで「無理」って言うことはもちろん有れど、

 

無理だよ〜できないよ〜

ばっかり言う人。皆さんの周りにもいらっしゃいませんか?

 

いい加減それを選択してるのは自分だって認めてよ!

って思ってしまうときがあるのです。

 

例えばですね。

「奥様のせい」

「旦那のせい」

「子供のせい」

みたいな感じで。

 

お金のせい、とか仕事のせい、とかも有りますけど

そんな生活を選んでるのもまた自分なんですけど、

それ以上に「自分以外の誰かのせい」っての、どうかと思いませんか?笑

 

無理矢理首輪付けて閉じ込められてるんか!!って。

 

なんてこと言ったら、子持ち勢に「物理的に無理なんだよ」ってお叱りを受けそうですけど 笑

 

まぁ、乱用する人。そればっかり言う人。と思って聞いてくださいね。

 

子供もそうなんだけど

 

特に奥さん・旦那、恋人、親のせいにするのはもうね、救いようがないと思ってる。

 

大人ぁ!!!!

 

ってなる。

 

 

本当に言ってみた結果、ダメだって超喧嘩になって、泣かれて、行ったら死んでやる!とか言われて、

あえなく、不参加を選択したの?

 

いや、たぶんほとんどの場合

言ってみてもないよね。勝手に「言ったら怒られそう」とか思って、交渉するまでもなく、諦めたよね。

そして行けないことを相手のせいにしたよね。

 

行けないんじゃない。

行かないんだよ!!!

 

そんで、行かない自分を疑えよ!

 

それでいいなら、

自分は友達と遊ぶより、奥さん(or旦那)、恋人、親の方を優先して生きてます。

って堂々としてろっての。

 

それが嫌なら。

なんか自分を生きてない感じするな〜と思うなら

言う前に諦めずに、交渉してみたら如何かなと思うのですよ。

 

(友達とご飯食べに行くことすら許してもらえないなんて

よほど自分の日頃の行いが悪いか

信用がないか

嫉妬心が強く執着心の強い依存関係になってしまっているか・・・)

 

疑って改めるか、それでいいって選択し直すのか。

見つめ直しが必要なポイントはたくさんありますよね。

 

もちろん私も、

そんな周りの人が気になっている反面、

自分も出来ているかなぁと振り返る日々です。

 

 

 

さて、私は昨年の暮れに

浮気相手と本命について書きましたが。

 

またそこに繋げますとね。

 

「無理だよ」ってたくさんたくさん

言われると思うんですよ。

 

勇気出して自分の要望を伝えたとしてもね。

 

あたかも「自分はしてあげたいけど、本命のせいで出来ないんだよ〜」って自分を悪者にしないがための

ずるい断り文句。

 

それを真に受けますとね、

「そっか、あなたは私の要望答えたいのに(やっぱ優しい人!)

本命のせいで叶えられないんだね!(本命死ねよ)」

 

となってしまってね。(ここまでストレートに思わなくてもね)

 

本命さえいなきゃ、私も優先してもらえるのになぁ。あーあ!

って。

 

でも、冷静に考えてみますと、

本命はきっと止めてないですし、知りもしないでしょうし、

「どうしたら叶えられるか?」すら考えずに断ってるのは、その目の前の人なんですよね。

 

本命との関係壊したくないから

本命を怒らせたくないから

自分のために、衝突を避け、

自分が可愛いから、まるで自分が悪くないかの様な言い方で、

 

そいつがあなたの願いを叶えないことを

選択してるんですよ。

 

って考えますとね、

本命は敵じゃない。

 

一応言っておきますと、

もちろんね、

毎回願いを叶えなきゃいけないのかって話ではないですよ。

願いを叶えてくれなきゃ、イコール大事にしてもらえてない

ってことではないのですよ。

 

自分の願いを叶えるのはまず自分っていうのは

大前提としてね。

 

ただ、

自分が辛いほどに

 

会いたいときに会えなかったり

行きたい所に行けなかったり

 

そんな状況が度重なるなら、

それすら一旦立ち止まって疑ってみて欲しいのですよ。

 

「好きだから」みたいなことを理由に、相手の言う事鵜呑みにしてないかって。

あれ、これってフェアか?って。

あれ、これ私大事にされてるって言えるか?って。

 

 

 

言えないんだよーーーーーーー!!!!!

 

 

 

てか

本命と別れずに

誠実に自分と向き合ってくれてない時点で

 

 

 

大切にされてる訳ないんよーーーーーー!!!

 

はい、原点。

 

 

肩書きなんてどうでもいい。

本当に大事なのは

お互い本当に愛し合ってるかどうか!

 

だとしたら、「付き合おう」っていう口約束や、「結婚」ていう紙上の契約なんて何の意味もない。

だって現に、奥様(本命)への愛なんて当に冷めていて、

燃える様に愛してるのは私なんだもの!!

 

って、思って

突っ走ってきたでしょう?

 

私も結構、こんな考え方は嫌いじゃないんですよ。

肩書きクソくらえ!社会通念なんて無視してやる!みたいなね。

本質とは、みたいなね。ロック。

 

 

でも、

とはいえ、我々は社会に生きてるんだもの。無視していいことと、無視しても意味ないこともある。

 

誰も、社会的に死にたくないものね。

いや、もちろん物理的にもね。

 

社会的に認められないなら、それって意味ある?

でも結局、堂々と生きられてないなら、それってそこまで価値ある?

ってゆー

山羊座的な考え方だってありますし、(山羊座的かどうか詳しく知らんけど笑)

持ち合わせていてもいい考え方だと思います。

 

 

これだけは言える。

 

私を大切にしない人に割く時間なんてない。

 

 

 

 

 

 

自分を都合良く扱う人間を心の中に入れる訳にはいかん!!  

 

 

 

 

 

 

 

 

クズの相手してる時間なんてない!!!

 

 

 

 

 

 

ここまでいければもうすぐですよ。

 

これまで自分をたくさん大事にしてきた賜物ですもの。

 

自己肯定感が上がってきたからこそ言える言葉ですよね。

 

 

「お願い私を選んで」

なんてすがるのは辞めて。

 

「いつか私を選んでくれる」

なんて不確実なものに執着するのは辞めて。

 

私を大事にしない人はいらない。

 

誠実な人しか周りにいらない。

 

 

それくらいの強い気持ちを持って

過ごして行きたいものですね。

 

 

それは、自分自身に誠実に向き合ってきたからこそ持つ願いだし

だからこそ叶う環境なのだと思います。

 

自分の好みではないこと、自分のやりたいことではないこと、そこをきちんと断るのだって、誠意。

 

 

だからこそ日々!これからも!淡々と!

この一見地味な、自分と向き合う作業を

継続していくのです。

 

こんな自分への期待と、未来への希望と、他者への優しさ。

 

情熱でしかない。

ブーメラン

最近、私が仲の良い人に言ったセリフ。

 

・刺激が欲しかったんだよ

 

・世間の目とか社会通念とか気にしてるから、いつまでも不満なんだよ

 

・その不満解消のために、いつまでもフラフラしてるんだよ

 

・それ、ずっとやっていても、いつまでも満たされないからね

 

・何も行動しないで、ウダウダ言ってるだけ

何か小さいことでもいいから、勇気出してやってごらん。何か見えてくるもの変わるから

 

・本当は嫌だと思ってることとか、本音を、自分でなかったことにしちゃダメだよ

 

・周りがこうだから、じゃなくて逆だよ
周りがなんと言おうと、自分だけは自分の意見守ってあげなくちゃ

 

・やってみても、悪いようには絶対ならない
やってみたらどうなるか?影響を考えてごらんよ。どっちに転んでも、大丈夫なはずだよ

 

・昔は山手線しか知らなかったかもしれないけど、今は埼京線湘南新宿ラインも知ってる。乗り換えていいんだよ。

 

・一度選んだら、選び続けなきゃならないわけじゃないんだよ

 

・腹を割って話さなきゃ、結局何も生まれない

 

相手に言っているようで、

 

全部全部、

「私」が私に言ってるセリフ。

 

無意識だけど、

「私」は私に対して、こんなことを思っているんだね。

 

人のことばかり、目についてしまいますが、

人のことより、まず自分。

 

自分のこと考えないとね。

 

反省。

二番でいい人なんて本当はいない

例えばですよ。

 

浮気でも不倫でもいいんですけど、

 

本命(本妻)と、浮気相手(愛人)がいるとします。

 

一般的には、

本命(本妻)が「正しいモノ」

浮気相手(愛人)は「間違ってるモノ」

と認識しますよね?

 

「正しい愛」と「浮ついた恋心」みたいなイメージで、比較されます。

 

世の中、どんなつもりで浮気をしてるかなんて、千差万別なので

一括りにするのもナンセンスかと思いますが、

 

あくまで私の主観で思ったことを述べますね。

 

この、「比較」って、なんだか不自然じゃないかなー?

って思ったのです。

 

この世に、好きになっちゃいけない人なんて、いないじゃないですか。

 

結婚してたって、誰かを好きになることもあるでしょう。

恋人がいたって、別の人に惹かれることもあるでしょう。

 

(擁護してるのではないよ。そう言う時もあるよねって可能性の話。)

 

で、そこからどう行動するかは、さすがに制限があると思うの。っていうか、希望としては、あって欲しいの。

 

でも、感情は制限出来ないじゃない?

掘り下げれば、それすら自分で選択してるのだけど、意識としては、「図らずも」みたいな感覚。

 

でね、

どちらにしても「好き」って気持ちに変わりはないと思うのです。

 

(完全なる遊びです!性欲処理です!ってのはちょっと別のパターンなので置いといて。)

 

その「好き」を

自分で「いけないこと」って抑えたり、

優劣を付けるから

辛いのではないかなぁ?と思うのです。

 

世界中の人に叩かれようとも、

自分だけは自分の「好き」を肯定してもいいんじゃないかなぁと。

 

(何回も言うけど、オススメしてる訳ではないよ!)

 

まぁ、純粋に好きになってしまったのなら、ね。

 

遊びなら、

たかが遊びで自分のパートナーを傷つけるのは愚かしいと思います。

 

この辺の認識も、実は千差万別ですよね。

本気は嫌だけど、遊びなら許せる。って人もいるだろうし。

 

で、

 

その優劣を自分でつけると、

 

「どうせ」私は一番になれない

「所詮」私は浮気相手だから

私「なんて」選ばれない

 

って、自己肯定感をめっちゃくちゃ、めっちゃくちゃ、下げると思うのです。

 

そもそも、自己肯定感の高い人は浮気相手で甘んじたりしません!ってツッコミが来そうですが。

 

でもでも、そこなんですよ。

 

つまり、

誰も、浮気相手で甘んじたくないじゃないですか。

本気で愛人でいい人なんていないじゃないですか。

心の底では本命として愛されたいじゃないですか。

 

自分だけは自分の「好き」を肯定して、

自分だけは関係性に優劣を付けず、自分を卑下しない。

 

悪者になってあげる必要もないし、

相手のために影に隠れ、都合の良い様に立ち回る必要もないし、

奥様のために、自分はあくまで二番手だと引き下がる必要もないと思うのです。

 

そんな、

「物分かりのいい女」のフリ、

結局喰いものにされてるだけですよね。

 

本気で好きならば、

もっと泥臭くてもいいと思います。

 

(とはいえ自分が社会的に死なないようには賢くね。)

 

好きと真っ直ぐ伝えたければ、伝えたらいいし。

本命にして欲しいなら、伝えたらいいし。

会いたいなら、素直に会いたいと。もっといっしょに居て欲しいなら、素直にもっと一緒に居てと。

 

伝えたらいいと思います。

 

「でも、私ってどうせ二番手だし」

「家族の元に帰らないと…」

「彼を困らせたくない」

 

って、不幸な女を演じたり、

物分かりの良いフリしたりして、

本当は

「こんな風にあなたのためを思って、自分を犠牲にできるほど、あなたを愛してるの」

「そんな私をもっと愛して!」

ってことじゃないですか?

 

伝えたとて、叶うかどうかは別だけど、

というか、ほぼ叶わないことの方が多いでしょうけど、

それでいいんだと思います。

 

そうやって、

自己肯定感を下げず、

自ら土俵を降りたりせず、

 

あくまで私はストレートに好きでいるだけ!

私は私の感情を歪めないし、濁らせない!

 

といった態度でいると、

 

それでも煮え切らない相手や

それでも自分を都合良く扱う相手に

 

心から

「…あれ?」

って思えると思うのです。

 

「あれ?本気で好きとか言うけど、私の好きと違くない?」

 

「あれ?結局嘘まみれじゃね?」

 

「あれ?こいつ、まじクズじゃね?」

 

って、色々思うところが出てくると思います。

 

そうしたら、

自分を下げぬまま、

自分から去れるじゃないですか。

もう未練なく!傷付かず!

 

どーせ、

大好きな人が、

本命のところへ帰ったり、

本命と過ごしているのを想像したりで、

 

もーー充分に傷ついて、

自分をいじめて、

それなのに好きでいることを辞められない自分が嫌いになりそうで、

 

充分っすよ。

 

「あれ!これって、結局私の気持ち踏みにじられてるじゃん!!!」

 

って、自分の気持ちを純粋なまま持っていられる程に、鮮やかに気付くと思います。

 

結局、

 

本命と浮気相手を、あくまで同列で並べると、

浮気相手からしたって、二股じゃないですか。

 

あれ?意味わかります?笑

 

えっと、

 

本命が偉い。浮気相手は浮気相手。

じゃなくてですね。

 

本命から見たら、浮気相手は浮気相手だけど、

 

浮気相手から見たら、本命が浮気相手じゃないですか。

 

(浮気相手ではないんだけど…うぅ、日本語って難しい)

 

ようは、

彼が、「自分以外の誰かを好きでいる、悲しい状態」って点ではお互い様ですよってことね。

 

なのにですよ、

 

大概、

 

本命には、浮気相手のこと隠すのに、

浮気相手には、本命のこと隠さないじゃないですか。

 

(ん、単なる二股男だと、双方に隠してる方が多いか。奥様と愛人、にした方が良かったな…)

 

で、話を進めると、

 

それって、どっちを失くしたくないか?

どっちを傷つけない様にしてるのか?

どっちが大切なのか?

 

一目瞭然だと思うのです。

 

それでも、彼にどハマりしてる時って、

信じたくって、

私には何でも話してくれる、

なんて解釈の仕方しちゃったりするのですけどね。

 

ってことで、

 

自分を大切にしていると、

偽物に気付きやすくなるし、

そんな男に、自分の貴重な時間を心と身体を

費やす価値ないなって、

 

ナチュラルに思えるのではないですか。って話でした。以上。