読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

試練から数日後【足るを知る】

さて、

 

前回のブログ引き続き、

 早々に試練 - ayuhalloween’s blog

 

まだまだ事態は変わっておりません。

 

 

例えば最近険悪だったとか…

喧嘩したとか…

 

まったく!まっったく!

無かったんです。

 

 

 だからほんとまさに、

 

急に。

 

青天の霹靂。

 

 

気になってるのはタイミングで、

 

私がある夢を叶えた日に、

 

なんか音信不通になった様な…

 

 

きっと後からこういうのは意味が繋がるんでしょうけど。

 

で、

 

あれからもう泣いて泣いて…

痛くて、辛くて、

ひりつく様な毎日を過ごしてきましたが、

 

なんでしょう、

こういう時だからこそ、更に、

周りの有り難みに気付くものですね。

 

本当に本当に、小さなものでも、

会社で声掛けてくれることや、

少しお喋りして、ふっと笑えたことや、

はたまた、質問されたり、忙しかったりして、考えずにいられた時間さえ…

 

有り難くて、有り難くて。

 

「なんか元気ないですね」なんてゆう掛け声に思わず泣きそうになったり、

配られたおやつで、「私ここに居ていいんだ」なんて感じたり、

毎日LINEに付き合ってくれる友達や、

デートの予定だったのに、参加したいタイミングで来ていいからねと声かけてくれたり、

 

「ある」を見るっての、

まさに、まさに感じています。

 

 

今日の帰り道、いつも彼と歩いてた道を歩くのは辛いなぁと思っていたけれど、

 

毎日毎日、1人でも歩いていた道で。

 

私、この道あんまり好きじゃなくて。

つまんない道だな〜なんて思ってたんですよね。

でも、私が勝手に「彼がいない道」と毎日思っていたんですね。

 

「彼がいない毎日」=つまらない

 

「彼がいない道」=つまらない

 

「彼がいる」=私の通常

 

みたいになってたなって。

 

「ない」としてたのは私。

 

だったな〜。この道は、この空気は、ここを行き交う人々は、ずっとここに「あった」のね。

 

 

さて、今日はなんだか眠れそうなので、

そろそろ就寝。